おすすめのサスペンス映画をピックアップしています。

サスペンス映画記事一覧

運命の女という名作不倫映画をご紹介します。

今回ご紹介する名作映画は、サスペンスです。夏なのでちょっと身の毛もよだつぞっとするお話・・・ではありませんが、ある意味人間模様が怖い大人の映画です。危険な情事を手がけた名監督エイドリアンが、リチャード・ギア&ダイアン・レインを主演に向かえ緊張感ある描写で描いえたサスペンス映画「運命の女」。年下の男と...

≫続きを読む

夢の中の夢の中の夢というディレクトリの深さ

日本が誇る名俳優、渡辺謙さんがハリウッド進出した映画「インセプション」について。私は映画館で観たのですが、ストーリーに脳が振り回され、また、静の音楽・BGMとの融合に魅了されました。夢の中の夢の中の夢という奇抜なストーリー展開と、サスペンスアクションムービーの要素も兼ね備えたスリリングで非常に面白い...

≫続きを読む

映画で知るロサンゼルスの裏の世界(小説)

今回ご紹介する名作映画は「LAコンフィデンシャル」タイトルはニュアンスで訳すと「ロサンゼルスの内密」つまり「ロサンゼルスの裏側」とでも訳せるでしょうか。時は1950年代、ロサンゼルス。6名の犠牲者が出た殺人事件を捜査する刑事たちが、汚職された警察の犯罪組織の企みに潜入し事件に挑んでいくハードボイルド...

≫続きを読む

謎めいたストーリーに始まるMデーモン主演のサスペンスアクション

ちょっと刺激のある映画を観たくなったら・・・私の主観で推奨する名作映画は「ボーン・アイデンティティー」ストーリーが推理を要するような謎めいた雰囲気で進行する大人のサスペンス。記憶喪失の男が、得体のしれない組織に命を狙われながら、先天的に動いてしまう戦闘能力だけを頼りに自分がどんな人物なのかを探求する...

≫続きを読む

ニューヨークの法廷での長期戦の一部始終を映画化

50年以上前のアメリカのドラマが映画化された作品で、当時の裁判の制度を描いた映画作品「十二人の怒れる男」 です。(o^-')b今まさに日本でも、裁判制度が目まぐるしく変わり裁判員裁判問題など注目されていますが、この映画はアメリカの陪審制度の良いところと悪いところを比較するコンテンツとしても、時折用い...

≫続きを読む

不快指数98%の傑作と皮肉られた映画

不快指数98%の傑作と皮肉られ1986年当時映画ファンや世間の話題を独占した映画「ブルーベルベット」の紹介です(o^-')b1980年代に製作された米映画。鬼才と言われた名監督デビッドリンチ氏によるサスペンス映画です。暴力的なシーンや性的虐待のシーンなどがありかなり刺激的な映画ですが、その描写やタッ...

≫続きを読む

彼女はボタンを押す運命にあった?

新春あけましておめでとうございます。今年も訪問してくださる皆様に、おすすめして喜んでもらえる名作映画をご紹介していければ光栄に思います。引き続き私の"主観で選ぶ名作映画"をどうぞよろしくお願いいたします。さて、新年1作目になりますが、ちょっとひねりを入れてサスペンス映画を取り上げます。縁起ものの映画...

≫続きを読む

おぞましいほどに執着する男女の愛憎劇を映画化

今回ご紹介する名作映画は、1987年、全米を震撼させた男女の憎悪サスペンス映画、「危険な情事」。監督は、リチャードギア主演で話題を博したこちらもサスペンス映画、「運命の女」などを手がけたエイドリアン・ライン監督。日本でもかなり話題になった"浮気"に関する映画です。ネタバレ注意。あらすじですが・・・主...

≫続きを読む

簡単には払拭できない負の連鎖"バタフライエフェクト"

今回の運命の泉は、2005年に日本でも上映されたアメリカのSFスリラー映画。"バタフライエフェクト"。(o^-')bちなみに取り上げるのは、2006年には続編『バタフライ・エフェクト2』、2009年には『バタフライ・エフェクト3/最後の選択』が公開されましたがパート1=初回の作品のほうです。この"バ...

≫続きを読む