不朽の名作映画をご紹介しているカテゴリ

トムハンクス主演の漂流サバイバル映画

前回スティーブンスピルバーグ監督作品を紹介しましたので、私の好きな作品をもう一品。

 

終戦記念日の8/15。

 

終戦後の日本やその後、外国に残った人々の末路などテレビで色々な特番をやっていたので観ていたら、
ふとこの数年前に観たスピルバーグ監督映画を思い出しました。

 

今日運命の泉名作映画としてご紹介したい映画は、「キャストアウェイ」です(o^-)b

 

キャストアウェイ

 

主演はトムハンクス。
それと、バレーボール1つです。

 

ある出来事がきっかけで、漂流し辿りついた無人島で、1人の人間が孤独と闘いながら生き延びていくというシンプルなストーリーですが、とても深い映画です。

 

チェック「ストーリー紹介」

 

主人公のチャックは宅配便会社のエンジニア。
仕事に明け暮れる日々の中で恋人ケリーとの恋にも全力投球だった。
ある日、彼の乗っていた飛行機の事故に巻き込まれ、たった一人、南国の無人島へ漂流をした。

 

誰も生存者も、そして島の先住民も居ないこの島での孤独な日々の中で唯一、飛行機の残骸と一緒に流れ着いたバレーボールだけが無二の友となる。

 

サバイバル生活の中で彼は自分の人生を振り返り、様々なことを想うのだった。

 

「感想」

 

まず、アンハッピーエンドなのか、ハッピーエンドなのかも分からないし、読めない展開でした。
バレーボールを人の顔に落書きし、人に見立てるというコメディな要素がある中で、少し精神異常者のような発言や行動もあり、シュールな要素もある。

 

最後まで不思議な雰囲気漂うヒューマンドラマでした。

 

自分ならどういう行動を取るんだろう?
自分ならどう感じどう生きるんだろう?

 

女性の私でも複雑な心境でこのサバイバル生活を観ていた記憶があります。

 

たぶん今はTUTAYAさんとかだと旧作コーナーにあると思うので、100円レンタルできると思いますよ☆

 

ぜひまだの方は観て見てくださいね(o^-')b

私の人生を変えた名作映画記事一覧

リリーフランキーさんの自伝小説を映画化した作品

映画紹介を始めてから初めて邦画をご紹介します。(o^-')b上映されて一斉風靡をしてから、だいぶ時間は経ちましたが今も強く心の中に印象深く残っている映画で、「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」という映画です。この映画は、著者リリー・フランキーさんの実体験を基にした長編小説を映画化した作品で、...

≫続きを読む

心温まるハートフルコメディ「リトル・ミス・サンシャイン」

今日の名作映画は私が大好きな映画で、心が温まるハートフルコメディ、リトル・ミス・サンシャインのご紹介です。(o^-')この映画は、2007年のアカデミー賞助演男優賞、脚本賞などに選ばれたのですが、レンタル開始まもなくに私は観ました。この当時私は、仕事職場環境が変わり、人間関係や、交友関係にいろいろと...

≫続きを読む

ファンタジー映画の最高傑作?"チャーリーとチョコレート工場"

2005年アメリカで制作。ミステリアスなキャラを演じさせたら右に出る人は居ない、ジョニーデップが出演の大ヒット映画、「チャーリーとチョコレート工場」をご紹介します。(o^-')b「ストーリー紹介」ウィリーウォンカというブランドが確立した世の中がストーリーの中心です。子供たちは、このウィリーウォンカが...

≫続きを読む

自分だったらと自問自答する人生観が変わった映画

2003年の映画で、私はずっとハリウッド映画だと思っていたのですが、実はカナダとスペインによる合同製作の映画だったと最近知りました。「死ぬまでにしたい10のこと」をご紹介します。(o^-)b※やはり、映画タイトルがこのような名前の映画なので、ストーリーやオチについても少し触れますので、ネタバレ嫌な方...

≫続きを読む

ベストセラー小説を映画化、ジュリアロバーツが主演

今日の名作映画は、人気小説家エリザベスギルバートのベストセラー小説を2010年に映画化。主演はハリウッドのスーパーヒロイン、ジュリアロバーツ。私も人生観とかを変えられた映画、「食べて、祈って、恋をして」です。(o^-')「ストーリー紹介」主人公のエリザベスはジャーナリスト。私生活では離婚をしたり恋愛...

≫続きを読む

異色の戦争映画として大ヒットした2001年の作品です。

今回ご紹介するおすすめ映画は、戦時中の外国兵たちの様子を描いたノー・マンズ・ランドという映画。2001年に発表されるやいなや世界で絶賛された異色の戦争映画です。スリルありそして失笑が入る独特のタッチの映画です。舞台は1990年台初頭のボスニア。霧の中で道に迷ったボスニア軍兵士のチキは、ボスニアとセル...

≫続きを読む

スピルバーグ監督が手がけた戦争映画

今回のおすすめ映画は私の人生観を変え、自分の運命について深く考えさせられた戦争映画。「プライベートライアン」を取り上げます。8名の米兵たちが命を賭けて仲間を助けようとする「友情」や「正義」、反して「戦争の不条理さ」「人間の脆さ」とは何かを考えさせられる物語です。かの歴史上の有名な事件、「ノルマンディ...

≫続きを読む

軽い気持ちのバイク旅行で彼らを待っていた出会い

今回の名作映画は、アルゼンチン人の二人の青年が中古バイクで駆け抜けた貧乏旅行での出来事を映画化した作品、「モーターサイクルダイアリーズ」の紹介です(o^-')b人々との出会いを通して若者達の心情が変化していく、現代の時代に忘れかけた何かを思い出させてくれる名作映画です。23歳のいたって真面目な医学生...

≫続きを読む

ロマンや夢、熱意、努力は結ばれることを代弁した映画

今回ご紹介する不朽の名作映画は、私自身、自分の運命はこうやって切り開くのだと痛感させられた映画でかつ1999年という世紀末、20世紀ラストを飾った映画「遠い空の向こうに」です(o^-')bこの映画は私はリアルタイム、映画館で観ました。最後は感動で涙が溢れました。これぞ映画の醍醐味というストーリー。後...

≫続きを読む

隕石の衝突によって絶滅した恐竜時代の再来

今回ご紹介する不朽の名作映画は、大迫力のCG映像がアバター以来の感銘を受けた話題の超大作「ダイナソーinLA」(o^-')b進んだ科学技術の進歩、そして禁断のDNA実験によって、復刻し再現されてしまった恐竜の世界。コントロールされるはずの制御システムが崩壊したとき、そこは惨劇の場と化します。ありがち...

≫続きを読む

名作映画"アメリ"を私の主観を交えてご紹介

私の大切な記憶の一ページ。思春期を経て大人になって真剣に映画が分かるようになってきた頃、この映画を観て改めてピュアな自分を取り戻した思い出の映画です。今回の"運命の泉"はフランス映画の名作「アメリ」をご紹介します。「天才スピヴェット」や「ロストチルドレン」などで知られるフランス映画の巨匠監督、ジャン...

≫続きを読む