名作映画、モーターサイクルダイアリーズのご紹介。

人々との運命の出会いを通して若者達の心情が変化していく物語

 

今回の名作映画は、アルゼンチン人の二人の青年が中古バイクで駆け抜けた貧乏旅行での出来事を映画化した作品、「モーターサイクルダイアリーズ」の紹介です(o^-')b

 

人々との出会いを通して若者達の心情が変化していく、現代の時代に忘れかけた何かを思い出させてくれる名作映画です。

 

 

 

 

23歳のいたって真面目な医学生が「怪力号」と命名された1台の中古バイクに乗車し、6ヶ月がかりでチリ、ペルー、コロンビア、ベネズエラと国境を越え、南米大陸を南北に制覇する冒険浪漫。

 

物語のはじまりは「これは偉業への物語ではない。同じ大志と夢を持った2つの人生が、しばし併走した物語である」と語るところからはじまる。

 

青年たちの声が重なる「旅行計画/4ヶ月で8,000kmを完走する。目的は本で学んだことしか知らない南米大陸を探検すること。移動手段はバイク1台。運転手はアルベルトグラナードで僕の友人で29歳。自らを「放浪化学者」と呼んでいる。副運転手が僕。名前はエルネストゲバラ。「激しい男だ」。

 

旅を始めたとき彼らは、異国の女性との出遭いで恋に堕ちることや、経験したことの無い分化に触れ、多くの体験をするという好奇心に満ち溢れていました。

 

しかしいざ旅がはじまると、現実は過酷そのもの。
極寒のアンデス山脈、灼熱の砂漠、密林の続くアマゾンなど創造もしなかった現実が彼らを苦しめます。

 

インカ文明の発祥の遺跡「マチュピチュ」では、生き方・考え方を一新するような出来事も。

 

旅は途中からバイク二人乗りからヒッチハイクへ変更し、旅らしくなります。

 

このあとたどり着いた国では抑圧され貧困にあえぐ人々の暮らしでした。
南米の明暗を見た二人は様々なことを見て学び人として劇的な変化をしていきます。
この映画は2003年のアカデミー賞受賞作品を獲得しています。
ぜひ日本の多くの若者に見て欲しい名作映画です。

軽い気持ちのバイク旅行で彼らを待っていた出会い関連ページ

リリーフランキーさんの自伝小説を映画化した作品
私が見た中でも最も感動した映画のひとつです。
心温まるハートフルコメディ「リトル・ミス・サンシャイン」
観るとほっとする気持ちに慣れる素敵な映画のご案内です。
ファンタジー映画の最高傑作?"チャーリーとチョコレート工場"
ジョニーデップが演じたキャラが話題となったファンタジー作品です。
自分だったらと自問自答する人生観が変わった映画
死ぬまでにしたい10のことという映画のご紹介をしているページです。
ベストセラー小説を映画化、ジュリアロバーツが主演
ジュリアロバーツが世界を旅する映画を掲載しています。
異色の戦争映画として大ヒットした2001年の作品です。
戦時中の兵士たちの出来事をコミカルにスリリングに描いた名作映画です。
スピルバーグ監督が手がけた戦争映画
プライベートライアンという映画の紹介解説ページです。
ロマンや夢、熱意、努力は結ばれることを代弁した映画
映画「遠い空の向こうに」の紹介です(o^-')b
隕石の衝突によって絶滅した恐竜時代の再来
2013公開の映画「ダイナソーinLA」をご紹介。
名作映画"アメリ"を私の主観を交えてご紹介
フランス映画「アメリ」のご紹介をしています。