名作ファンタジー映画"チャーリーとチョコレート工場"

大ヒットのファンタジー映画

 

2005年アメリカで制作。ミステリアスなキャラを演じさせたら右に出る人は居ない、ジョニーデップが出演の大ヒット映画、「チャーリーとチョコレート工場」をご紹介します。(o^-')b

 

 

チャーリーとチョコレート工場

 

 

「ストーリー紹介」

 

 

ウィリーウォンカというブランドが確立した世の中がストーリーの中心です。
子供たちは、このウィリーウォンカが作るお菓子がみんな大好きでした。

 

しかしその工場の中は完全非公開と謎めいているのでした。

 

ある日、ウォンカは「生産するチョコレートの中に5枚だけ金色のチケットを同封し、それを引き当てた子供は家族を一人同伴で工場を見学する権利が与えられ、さらにそのうちの一人には想像を絶する素晴しい副賞が与えられる」というニュースを発表するのでした。

 

世界中がチケット争奪で大騒ぎとなる中、運良く引き当てたのは、食いしん坊の肥満少年オーガスタス、お金持ちでわがままな少女ベルーカ、いつもガムを噛んで勝つことにこだわる少女バイオレット、テレビ好きで反抗的な少年マイク、そして家は貧しいのですが、家族想いの心優しい主人公の少年チャーリー。

 

彼らはウォンカが案内する中、工場の中で夢のような不思議な光景の体験が始まります。

 

まるで試されているかのように、そして、ウォンカが仕組んだかのような、子供たちの人間性を試すワナによって、ひとり・・また一人、この体験ツアーから脱落していきます。

 

最後に残ったチャーリーに「副賞」が与えられるはずでしたが、そのためにウォンカから提示された交換条件は到底受け入れがたいものだったため、チャーリーはこれを辞退するのでした。

 

予想外の展開にすっかり意気消沈したウォンカだったが、チャーリーの後押しによって彼自身のトラウマを解決できたことで、改めてチャーリーに「副賞」を受け取るように打診し、これを受け入れたバケット一家と「とびきり甘い」人生を送ることとなるのでした。

 

 

「感想」

 

映画としての完成度がまず高いと思います。
子供のころにこの映画を観ていたら、この独特のファンタジーな世界観と登場するユニークなキャラクターたちに魅了され、生涯忘れられないような映画になっていたと思います。

 

もちろん大人が見ても楽しめる映画です。
ジョニーデップの演じる工場長のキャラが、すごく不思議な人物で、後をひきます。

ファンタジー映画の最高傑作?"チャーリーとチョコレート工場"関連ページ

リリーフランキーさんの自伝小説を映画化した作品
私が見た中でも最も感動した映画のひとつです。
心温まるハートフルコメディ「リトル・ミス・サンシャイン」
観るとほっとする気持ちに慣れる素敵な映画のご案内です。
自分だったらと自問自答する人生観が変わった映画
死ぬまでにしたい10のことという映画のご紹介をしているページです。
ベストセラー小説を映画化、ジュリアロバーツが主演
ジュリアロバーツが世界を旅する映画を掲載しています。
異色の戦争映画として大ヒットした2001年の作品です。
戦時中の兵士たちの出来事をコミカルにスリリングに描いた名作映画です。
スピルバーグ監督が手がけた戦争映画
プライベートライアンという映画の紹介解説ページです。
軽い気持ちのバイク旅行で彼らを待っていた出会い
「モーターサイクルダイアリーズ」の紹介です(o^-')b
ロマンや夢、熱意、努力は結ばれることを代弁した映画
映画「遠い空の向こうに」の紹介です(o^-')b
隕石の衝突によって絶滅した恐竜時代の再来
2013公開の映画「ダイナソーinLA」をご紹介。
名作映画"アメリ"を私の主観を交えてご紹介
フランス映画「アメリ」のご紹介をしています。