フランス映画の名作「アメリ」をご紹介します。

いたずら好きの少女のお話〔フランス映画〕

 

私の大切な記憶の一ページ。
思春期を経て大人になって真剣に映画が分かるようになってきた頃、この映画を観て改めてピュアな自分を取り戻した思い出の映画です。

 

今回の"運命の泉"はフランス映画の名作「アメリ」をご紹介します。

 

 

アメリ・パッケージ写真

 

 

「天才スピヴェット」や「ロストチルドレン」などで知られるフランス映画の巨匠監督、ジャン=ピエール・ジュネが、妄想好きの一風変わった少女の恋の行方を、遊び心いっぱいに織り交ぜ、仕上げた映画。

 

どこか懐かしい描写と風情ある街の景観、主役の少女の愛くるしい表情や仕草を独特の完成で映し出した心暖まるコメディです。

 

主演がきっかけとなり、世界中に名を轟かせた女優オドレイ・トトゥ。
彼女は最近の映画では、「ココ・アヴァン・シャネル」でココ・シャネルを演じたことでも知られています。

 

ジャン=ピエール監督の作品によくある、独特の怪しいテイストがかなり抑えられていて、ちょっと意外というか珍作?といいますか、意外な映画です。
表向きはずっと陽に徹した傑作ファンタジーに感じられます。

 

小さい頃から空想して過ごすことが大好きだったアメリ。
22歳になった今でも、モンマルトルのカフェで働き、周りの人々を観察しては想像力を膨らませて楽しんでいました。そんな折、アメリは、あることをきっかけに他の人を幸せにすることに生き甲斐を見出すのでした。

 

他人の人生にこっそり入り込むことを楽しいと感じてしまい、悪戯を仕掛けたり、人知れずお節介を焼いたりするようになります。

 

そんなアメリ自信はというと自分の幸せにはまったく興味がなく・・。悪戯ばかり。

 

でも神様はそんなアメリにもちゃんと素敵な出会いを用意していました。

 

ネタバレになりますので続きは是非観てみてくださいね。

 

この映画を観て私は塞ぎ込んでいた時期を明るく乗り切ることができましたし、同姓の友達をたくさん作ることもできました。

 

ポジティブになれたし元気をもらった素敵な作品です。
DVDも持っていますが、暗い気持ちのときはこの映画を今でも度々観て心癒されています。
私の大切な運命の泉です。

名作映画"アメリ"を私の主観を交えてご紹介関連ページ

リリーフランキーさんの自伝小説を映画化した作品
私が見た中でも最も感動した映画のひとつです。
心温まるハートフルコメディ「リトル・ミス・サンシャイン」
観るとほっとする気持ちに慣れる素敵な映画のご案内です。
ファンタジー映画の最高傑作?"チャーリーとチョコレート工場"
ジョニーデップが演じたキャラが話題となったファンタジー作品です。
自分だったらと自問自答する人生観が変わった映画
死ぬまでにしたい10のことという映画のご紹介をしているページです。
ベストセラー小説を映画化、ジュリアロバーツが主演
ジュリアロバーツが世界を旅する映画を掲載しています。
異色の戦争映画として大ヒットした2001年の作品です。
戦時中の兵士たちの出来事をコミカルにスリリングに描いた名作映画です。
スピルバーグ監督が手がけた戦争映画
プライベートライアンという映画の紹介解説ページです。
軽い気持ちのバイク旅行で彼らを待っていた出会い
「モーターサイクルダイアリーズ」の紹介です(o^-')b
ロマンや夢、熱意、努力は結ばれることを代弁した映画
映画「遠い空の向こうに」の紹介です(o^-')b
隕石の衝突によって絶滅した恐竜時代の再来
2013公開の映画「ダイナソーinLA」をご紹介。