ココシャネルという偉大なファッションデザイナーの物語

アメリの主人公があのフランスのファッションブランドの創設者を演じています。

 

今回ご紹介するのは、世界的ファッション・デザイナー、ココ・シャネルの前半生を描いた伝記ドラマ、ココ・アヴァン・シャネルのご紹介です。

 

 

 

 

この映画は2009年に制作されたフランス映画。
お洒落といえばフランスですが、シャネルもフランスから発信されたファッションブランド。

 

映画を手がけたのは、1997年の『ドライ・クリーニング』でヴェネツィア国際映画祭脚本賞を受賞したフランスの映画監督、アンヌ・フォンテーヌ氏。

 

主演は大ヒットフランス映画"アメリ"の魅惑の少女「オドレイ・トトゥ」が演じたことで注目を集めました。

 

●映画のあらすじ

 

孤児院で育った一人の少女が卓越した縫製の才能を開花させ、のちにモードファッション界きってのオートクチュール・ブランドを興し、自己の方向性を極めていく過程を描いた作品です。

 

彼女の若き日の努力や苦悩を知ることができる、ためになる映画です。

 

早くに母を失い、失意の中で父親にも見捨てられたガブリエル・シャネル。

 

姉と一緒に田舎の孤児院で幼少時代を過ごして、そしてやがて、仕立屋でお針子仕事をはじめます。

 

その傍らでお姉さんと一緒にキャバレーで歌を歌ったりもしていたなんて、映画を観るまで知りませんでした。

 

そんな生活を送っていた彼女には、その頃の持ち歌から“ココ”という愛称が付けられ、本格的に歌手を志すようになっていきます。

 

しかしある日、エティエンヌという裕福な将校と出会います。

 

愛人関係となった彼の支援で歌手になる夢もさらに思いは強まり、上流階級の社交界も知るガブリエル。

 

でも、あることがきっかけで歌手の夢は潰えてしまいます。

 

愛人に留まるだけのエティエンヌとの生活も次第に陰りが見え始めますが、この時ガブリエルには裁縫の独創的で類い希な才能が芽生えていました。

 

そして彼女にその後の人生を大きく変える出会いが待っていました。

ココ・シャネルという人物の生涯を描いた映画関連ページ

facebook創始者マークザッカーバーグ氏の実話を映画化
ソーシャル・ネットワークという映画について紹介をしているページです。
ディカプリオ主演で話題だった実在した天才詐欺師のお話
こちらでは、主にヒューマン系の映画をご紹介します。
実在したサッカー選手のエピソードを映画化!
「ルディ / 涙のウイニング・ラン」は実在したサッカー選手の実話に基づいた映画です。
数奇な人生を辿った一人の男の物語〔フランス映画〕
生涯運命に逆らわず生まれ育った船を降りなかった男の映画です。
青年と精神分析医の絆に涙する映画
「グッドウィルハンティング(旅立ち)」という名作ヒューマン映画のご紹介です。
ジェーン・マーチ演じる少女の表情に注目の映画です。
恋愛映画「愛人(ラマン)」を解説しています。
奴隷から賞金稼ぎへ、妻の奪取のために立ち上がるジャンゴ
タランティーノ監督、2度目のアカデミー助演男優賞作品、ジャンゴを解説しています。
アルパチーノの演技力に脱帽した感動の映画
「セントオブウーマン(夢の香り)」の紹介です(o^-')b
実話を基に描かれた感動作「カレンダーガールズ」
自ら未来を切り開いた英国の女性たちの実話を映画化した作品です。
スピルハーグ監督の人種差別をテーマにした映画
「カラーパープル」という映画の紹介をしています。
アメリカの'70年代の離婚問題が映画のテーマ
若かりし頃のダスティン・ホフマンが印象的な往年の名作映画