純愛ラブストーリー映画"ノートブック"のご紹介

愛することとは何か考えさせられる映画です。

 

何一つ本当に失われたものはない。
世界のあらゆるものは失われるはずがない・・・。

 

ある運命的な出会いを果たした2人の男女が永遠の愛を貫く感動のラブストーリー映画。

 

2004年制作のアメリカの映画で日本語訳「きみに読む物語」、英語名「THE NOTEBOOK」という映画のご紹介です。

 

 

 

 

この映画はニコラススパークスという作家の大ヒット小説を映画化したことでも有名です。

 

ずっとずっと時が過ぎても失われない想いを抱き続け、大切な人のためにここまでできるのかという自分自身にも問いただしてしまうような素敵な映画です。

 

この映画を観たころの自分も結婚を真剣に考えていた時期であれこれ自分にあてはめて観ていた記憶があります。

 

映画自体、描写は少し古いタッチですが、陰気な映画ではなく明るく泣ける物語です。

 

実際、小説も読んだことがありますが、要所要所、表現技法は端折っていたり、膨らませていたり変化はあるものの忠実に重要な部分を映画では再現していると思います。

 

私にとって想い深い約今から約10年前の割と記憶に新しい映画です。

永遠に色褪せない純愛を描いた名作映画です。関連ページ

〔ジュリアロバーツ主演〕ピュアなラブストーリーが世界中を熱くしました。
私が選んだ心に残るラブロマンス映画を紹介しているカテゴリです。
思春期の揺れる恋心を描いた恋愛映画〔お奨めのラブロマンス〕
その後の自分の異性に対する恋愛感に影響を与えた映画のひとつ「恋しくて」の紹介をしています。
異性を愛することが愛おしく切ない映画〔ラブロマンス〕
「エターナルサンシャイン」のご紹介をしています。
NYを舞台に描く往年の名作映画
40年近くも古い映画で「タクシードライバー」について
世界の映画史に燦然と輝く不朽の名作「ティファニーで朝食を」
「ティファニーで朝食を」という映画の個人的な感想を綴っています。
当時はメグライアン演じるアルコール依存症が話題に…
映画「男が女を愛する時」の紹介です
戦時中のカサブランカの街で出会った男女の恋模様を描く
往年の名作映画「カサブランカ」を紹介。