40年近くも古い映画で「タクシードライバー」について解説します。

私の生前に上映された一人のタクシー運転手の半生を描いた映画です。

 

1976年、アメリカの配給会社によって制作された名作映画「タクシードライバー」の紹介です(o^-')b

 

最近、日本でも素敵な選タクシーなどタクシーにちなんだドラマなどが話題ですが、この映画も当時は大都会ニューヨークの街を舞台にうっ屈した生活を送る1人のタクシードライバーの行動を描いた作品として話題になったようです。

 

私は高校生になってレンタルビデオで見たのが初めてでしたが、この一風変わったストーリー展開に思春期ながらも魅了されたのを覚えています。

 

 

 

 

ニューヨークにある小さなタクシー会社の運転手を希望する一人の男性。
ベトナムで海兵隊員を勤め、帰国したトラヴィス・ビックルは、戦争のあとのショック症状で眠れない日々を送っていました。

 

その患っている不眠症の影響で社会復帰できず、タクシーの運転手に就職。
誰となく目的地まで送り届けることで報酬を受け取る日々を過ごしていました。
社交性がなくコミュニケーション能力も欠ける彼に、同僚たちは守銭奴とあだ名されるトラヴィス。

 

余暇はポルノ映画館に足を運んだり、深い闇に包まれたマンハッタンの街をさっそうとクルマで走るという孤独の心中にありました。そしてそこで目にした麻薬と性欲に溺れる若者たちの現状や盛り場の臭いに嫌悪を示していくのでした。

 

そうしてある日、トラヴィスは次期大統領候補パランタインの選挙事務所付近を通りかかると彼はそこで勤務する女性に魅かれ、選挙運動に興味を示します。

 

この恋が彼の人生を大きく変えていくことに…。

NYを舞台に描く往年の名作映画関連ページ

〔ジュリアロバーツ主演〕ピュアなラブストーリーが世界中を熱くしました。
私が選んだ心に残るラブロマンス映画を紹介しているカテゴリです。
思春期の揺れる恋心を描いた恋愛映画〔お奨めのラブロマンス〕
その後の自分の異性に対する恋愛感に影響を与えた映画のひとつ「恋しくて」の紹介をしています。
異性を愛することが愛おしく切ない映画〔ラブロマンス〕
「エターナルサンシャイン」のご紹介をしています。
永遠に色褪せない純愛を描いた名作映画です。
忘れられないラブストーリー映画のことを綴ります。
世界の映画史に燦然と輝く不朽の名作「ティファニーで朝食を」
「ティファニーで朝食を」という映画の個人的な感想を綴っています。
当時はメグライアン演じるアルコール依存症が話題に…
映画「男が女を愛する時」の紹介です
戦時中のカサブランカの街で出会った男女の恋模様を描く
往年の名作映画「カサブランカ」を紹介。