オードリーへプバーンの偉大なあの映画です。

私が思春期の頃の父の思い出が蘇る大切な運命の泉

 

今回の運命の泉は、私が思春期に見た、世界の映画史に燦然と輝く往年の名作映画「ティファニーで朝食を」の紹介です(o^-')b

 

 

 

 

この映画は私にとって父の思い出。

 

朝起きて母から朝食の支度ができたからお父さんを呼んで来てと頼まれ、父の書斎へ向かう途中、部屋が近づくにつれ、だんだんと流れてくるレコードの音楽がこの映画の主題歌「ムーンリバー」でした。

 

映画を録画したビデオテープもありました。

 

幼少の頃に何度か観ましたが理解ができず、真剣に見たのは高校生になってから。

 

半世紀前の欧米の雰囲気を感じ、オードリーヘップバーンという偉大な女優の美しさに魅了され、男女の恋愛の素晴らしさをはじめて感じた想いがしました。

 

この映画の素晴らしさは、無邪気で本能のままに生きている女性を演じたオードリーの立ち振る舞いや小悪魔的な仕草、滑稽な人間模様や、絶妙なタッチの脚本で描かれたストーリーの素晴らしさです。

 

印象的なシーンは数々ありますが、冒頭のこのショーウィンドウを眺めているオードリーの繊細な心理描写や、ラストをハッピーエンドで飾る雨の中のキスシーンはミュージカル映画のラストのような鮮やかさで脳裏からその映像が離れません。

世界の映画史に燦然と輝く不朽の名作「ティファニーで朝食を」関連ページ

〔ジュリアロバーツ主演〕ピュアなラブストーリーが世界中を熱くしました。
私が選んだ心に残るラブロマンス映画を紹介しているカテゴリです。
思春期の揺れる恋心を描いた恋愛映画〔お奨めのラブロマンス〕
その後の自分の異性に対する恋愛感に影響を与えた映画のひとつ「恋しくて」の紹介をしています。
異性を愛することが愛おしく切ない映画〔ラブロマンス〕
「エターナルサンシャイン」のご紹介をしています。
永遠に色褪せない純愛を描いた名作映画です。
忘れられないラブストーリー映画のことを綴ります。
NYを舞台に描く往年の名作映画
40年近くも古い映画で「タクシードライバー」について
当時はメグライアン演じるアルコール依存症が話題に…
映画「男が女を愛する時」の紹介です
戦時中のカサブランカの街で出会った男女の恋模様を描く
往年の名作映画「カサブランカ」を紹介。