ある独りの剣闘士の生涯を描いた映画

歴史に名を残さなかった剣闘士の生き様を描いた映画

 

陰謀にはめられた独りの騎士の闘いを描いた歴史スペクタクル超大作です。

 

主演ラッセルクロウが演じた剣闘志の死闘を描いた歴史スペクタクル超大作「グラディエーター」を取り上げてみます(o^-')b

 

 

グラディエーター

 

 

時は古代ローマ時代。

 

国の英雄として奉られている将軍のラッセルクロウ演じるマキシマスは、遠征中のゲルマニアで、皇帝の王位継承を巡る陰謀にはめられ、追われる身となります。

 

処刑を命じられ、命からがら追っ手を振り切り逃げ切るものの、故郷に帰ると無残にも家族が処刑されているのでした。

 

絶望と狂気の中、疲労で気を失った彼は、奴隷商人に捕らわれます。

 

剣士を育成する奴隷商人のプロキシモに見出されたマキシマスは、奮闘し剣闘志として脚光を浴びはじめるのでした。

 

皇帝を殺害しマキシマスに処刑を命じ、自ら皇帝にのし上がったコモドゥスはこのころ首都ローマに巨大なコロシアムで剣闘試合を催します。

 

そこで宿命に導かれるよう、マキシマスが参加することに・・。

 

 

「感想」

 

古代のこの理不尽な時代を生き抜いた独りの剣士の生き様を描いた映画なんですが、エンディングはネタバレをどうしても書きたくありませんでした、それぐらい感動しました。

 

今までけっこうたくさんの歴史スペクタクル映画、観てきましたが、ラッセルクロウが出ている映画は、
人情が入るというか、「強い」「かっこいい」「ロマン」とかではなく、「人道」を感じます。

 

2000年の6月に劇場公開されているので、もう10年以上前の映画になってしまうんですね。

 

私の中では色褪せない歴史スペクタクル映画です。(o^-')b

とある歴史に名を残さなかった剣闘士の生涯を描いた映画関連ページ

神話トロイ戦争を舞台にした歴史スペクタクル映画。
ブラッドピットが主人公のアキレスを演じた古代ヨーロッパを舞台にした映画です。
古代ローマを襲った悲劇、そのとき人々は・・・
古代ローマの人々の身に何が行ったのか?待望の映画化が話題の映画について